長崎市で整体をお探しなら整体オフィス201|脊柱側弯症、腰痛などでお悩みの方も多数来院されています。

整体オフィス201 脊柱側弯症・腰痛・姿勢矯正・骨盤調整 営業時間10:00〜18:30
完全予約制 TEL:095-807-6949
ぎっくり腰
ぎっくり腰について
ぎっくり腰は腰痛の中でも非常に痛みが強いです。ほんのちょっとした動作でおこる急性的な腰痛をぎっくり腰といいます。ぎっくり腰というのは通称で、医学的には急性腰痛症といいます。
ぎっくり腰は早く氷で冷やしてくださいね。
ぎっくり腰は痛いです。ほんのちょっとした動作でおこる急性的な腰痛をぎっくり腰といいます。ぎっくり腰というのは通称で、医学的には「急性腰痛症」や「突発性腰痛」や「腰椎捻挫」などと言われています。西洋ではその急激な痛みから「魔女の一撃」と呼ばれています。

そのつらさは経験した人でないとわからないという、とにかく痛くてつらいものです。腰痛のなかでも痛みが鋭い腰痛です。

重いものを持ち上げるときに、腰を痛めてぎっくり腰になるというイメージが強いですが、実際にはくしゃみをしたり、後ろを振り返ったり、かがんで物を拾おうとした時など、日常の何げない動作でぎっくり腰になる場合がほとんどです。

すぐに痛くて動けなくなる場合と、ひねったときは何ともないのですが、数時間後からズキズキと痛くなり動けなくなる場合とがあります。

ぎっくり腰になると、腰の右か左のどちらかに痛みが続き、上半身をそちらに曲げて腰痛をさける姿勢をとります。痛みの程度は人それぞれです。軽いぎっくり腰だと、歩いたりは出来ますが、腰の関節に負担がかかる体勢になると鋭い痛みが生じます。重症の場合は、痛くて寝返りを打つこともできなくなります。

どちらの場合も、痛みから逃れられる体勢をとっているときは大丈夫なのですが、体勢を変えるときに鋭い痛みが生じます。
ぎっくり腰の対処法
ぎっくり腰は、患部は必ず熱をもち炎症をおこしています。熱をもつのは毛細血管が切れて内出血をおこし、動脈血が患部に流れてくるからです。腰をいためてから、少し時間がたってくるとズキズキとした脈打つ痛みがやってきます。

ぎっくり腰になったと思ったらまず冷やすことです。冷やすことで血管を収縮させ、動脈血の患部への流入を最低限におさえます。これで腫れは最小におさえることができます。製氷機の氷を一度水にくぐらせます。表面がぬれてつるつるの状態だと凍傷を防げます。

水にくぐらせた氷をビニール袋に入れて、患部に直接置きます。またはアイスノンなどをタオル一枚くらいで包み、患部に当てます。

急激に患部が冷えるので、焼けるように熱い感じがします。ビリビリ焼けるようなかんじがしますが、我慢していると、だんだん患部の感覚がマヒしてきます。

ぎっくり腰の患部を冷やす時間は20分以内にとどめます。20分以上冷やすと患部の炎症が強くなる場合があります。時計を見ながら、15~20分冷やします。その後1時間くらい休憩して、ズキズキする痛みがあればまた冷やすというのをくりかえします。

人によっては、ほんの10分ていど冷やすだけ腰痛がとれてしまう人もいますし、2、3日冷やさないといけない人もいます。ぎっくり腰の程度により個人差がかなりあります。
整体オフィス201では、即効性のある治療を行います。ぎっくり腰の場合、毎日4日くらい続けて治療を行うのが早期の回復につながります。もっと早く治したい方は、1日に二回の治療を行います。
ぎっくり腰は安静が大切
ぎっくり腰の原因にはいろいろありますが、ほとんどは筋肉や靭帯などの軟部組織の損傷です。体の中にキズ口があるわけです。指の切り傷でもキズ口を動かしてしまうとなかなかキズ口がふさがりません。キズ口がふさがるようにするためには安静が必要です。

腰に一番負担の軽くなる姿勢をとります。痛む側の腰を上にして、腰を丸めて静かに寝ています。あお向けに寝るときは、膝の下にザブトンを二つ折りにして入れてあげると腰痛が楽になります。
ぎっくり腰になりやすい人
• 一度でもぎっくり腰を経験している。
• 腰の筋肉がやわらかい。
• 腰のカーブが少ない。腰が丸まっている。
• 中腰の作業をするとすぐに腰痛になる。
• 腰が重苦しい。
• 柔軟体操が苦手。

骨格的な特徴としては、腰椎の前湾が減少し、仙骨が後方にずれている。腰、お尻(臀部筋群)、太ももの筋肉が硬いことなどが挙げられます。
ぎっくり腰の予防法
ぎっくり腰になる人に共通していることは、腰の筋肉が緩んでしまっていることです。腰の筋肉が緩んでしまっているために、ちょっとした動作で筋肉に過剰な力が加わり、筋肉や関節を痛めてしまうのです。

ぎっくり腰には予防が第一です。それには急な動作は禁物です。物を持ち上げるときには体に近づけて、膝を曲げてゆっくりと膝をのばすようにしながら持ち上げてください。足の力を使って持ち上げるのがコツです。体を腰から曲げて、腰の力で持ち上げようとするとぎっくり腰になってしまいます。長時間のイス座りや、中腰の姿勢をながく続けることなども腰によくありません。運動不足や、無理な姿勢が日常的に続くことで腰の筋肉が緩んでしまいます。

ぎっくり腰になるのは重いものを持ち上げたときとは限りません。患者さんの話を聞くと、「くしゃみをした」とか「高いところのものを取ろうとした」とか「足元のものを拾おうとした」などの日常の何げない動作によってぎっくり腰になることの方が多いようです。

ぎっくり腰になる前から、腰部に違和感や腰痛を感じている人は多いものです。無理な作業姿勢で緩んでしまった腰の筋肉を、毎日の適度な運動やトレーニングで鍛えることが大切です。
※ぎっくり腰など急性腰痛は急性症状ですが、重いものを持ったわけでもないのに日常の何げない動作でぎっくり腰になってしまう人がほとんどです。そういう方は慢性的に筋肉が緩んでしまっている人がほとんどです。
ぎっくり腰になりやすい筋・骨格バランスのままだと一度治ってもくり返しぎっくり腰になります。「ぎっくり腰はクセになる」と言われていますが本当です。ぎっくり腰になりやすい慢性の緩みを解消することが大切です。
整体オフィス201では、自分でできる予防法を指導しています。
完全無痛 回復整体「リセット療法」
症例ブログ 健康は幸福の全てです!!
お客様の声お客様の感動の声が続々と届いています。
院長ブログ
お知らせ
症例ブログ更新
整体オフィス201Facebookページ
メール会員はこちら!
整体オフィス201
〒850-0015
長崎県長崎市桜馬場2-1-12
グランドメゾン桜馬場201
TEL:095-807-6949
営業時間:10:00〜18:30
(要予約)
定休日:日曜日・祝日
駐車場:有(2台)
>>アクセスはこちら
>>お問い合わせはこちら