長崎市で整体をお探しなら整体オフィス201|脊柱側弯症、腰痛などでお悩みの方も多数来院されています。

整体オフィス201 脊柱側弯症・腰痛・姿勢矯正・骨盤調整 営業時間10:00〜18:30
完全予約制 TEL:095-807-6949
腰椎椎間板ヘルニア
椎間板ヘルニアの症状
「じわじわと痛みが増してきた…」
「激痛で立てない、動けない…」
「腰が曲がったまま伸ばせない…」
持続的な激痛を伴い、 身体の自由は奪われ、しかも放っておけば下半身麻痺などを引き起こす…。

ヘルニアは一刻も早い治療を要する難病です。今では人口の1%近くの人を蝕むほどにまで広がった現代病ですが、多くの人がこの疾患について大変な誤解をしています。
椎間板ヘルニアに対する大きな誤解
ヘルニアは治らないと思っていませんか?
お金を掛けても、勇気を出して手術をしても…。ずっと痛み止めを飲み続けるしかないと思っていませんか?それは違います。正しい施術を行えば、ヘルニアは完治可能です。

あなたはこれまで、どんな治療を受けてきましたか?あるいはこれから受けようとしていますか?
「ブロック注射や薬物療法など、薬を使った保存療法」
「レーザーや摘出、ラブ法、切除、固定などの手術療法」
そう答えた方は、残念ながら、ヘルニアとの向き合い方を間違えています。
病院では『ヘルニア』を完治させられない
最先端医学は、レントゲンやMRIで腰痛の原因をヘルニアだと特定することはできるようになりました。ですが、ヘルニアを確実に完治させる治療法は、現代医学の中に依然として存在していないのです。

現に、あなたの周りにも、このような方がいらっしゃいませんか?
「勇気を出して手術を受けたが一向に良くならない」
「消炎剤や湿布など痛みを緩和するだけで根本治療をしてもらえない…」
「一時は良くなったがまた再発してしまった…」
…なぜでしょうか。

そこには現代医学の持つある重篤な欠陥が起因しています。それをお話しする前に、椎間板ヘルニアのメカニズムと原因について簡単にご説明しておきましょう。
椎間板ヘルニアのメカニズム
損傷した椎間板から髄核が飛び出し、
神経にぶつかることで激痛が生じる

ご存じの方もいらっしゃるとは思いますが、椎間板ヘルニアは、背骨のクッションに異常を来した疾患です。

具体的には、人間の背骨を構成する椎骨の間に存在する「椎間板」という軟骨が、何らかの負荷や衝撃により破損し、中から髄核が飛び出してしまうこと。

そして飛び出た髄骨が神経を圧迫することにより、激痛やしびれといった症状が発生するのです。
人間の背中というのは、全身の神経が集中している、従来とても繊細な部分です。

その神経に飛び出した突起物が激しくぶつかったりこすったりするわけですから、どれだけ危険な状態かおわかりですね?
重傷の方が下半身麻痺などに陥ってしまうのも、そういうメカニズムによるのです。
なぜ椎間板の損傷が起きるのか?
交通事故や転落・転倒といった大きな衝撃があれば破損するのも仕方ないとして、ごく普通に日常生活を送っていても、ある日突然発症してしまうのはなぜでしょうか?
これには微妙なバランスの上に成り立った人体の構造が影響しています。
4足歩行の生き物に比べ、二足歩行の人間の背骨には、上半身と頭部の重みを直に支えなくてはならず、脊椎と椎間板に負担がかかりやすくなっています。
この負担を最小限に抑えるために、右の図のように、人間の背骨は緩やかなSの字を描き、真っ直ぐではありません。
これは生理湾曲と言って、最も負荷のかからない絶妙なバランスをとっているのです。

ところが、健康的な生活の上では成り立つこの生理湾曲も、不健全な現代人の生活の中で強度を失い、バランスを崩しやすくなってしまいます。
その結果、適切な運動の不足や、偏った運動、ちょっとした姿勢の乱れ…といった日常のほんの些細な原因で、骨格が歪んでしまい、椎間板がダメージを受けて破損してしまうのです。
骨格が治らない限り、誰もが、何度でもヘルニアになる可能性を持っているのです。
病院の保存療法や手術療法で完治させられない理由
もともと生物の体というものは、生命活動を維持できるよう、見事に設計されています。
つまり、体がこの本来の形からずれてしまうことによって、痛みが出たり、機能を失うことが起こるのです。

ですから、薬などで、痛みだけを和らげても危険なことに変わりはありません。
むしろ痛みを感じなくなることで、疾患の悪化や進行具合が自覚できなくなり、気がついたら取り返しのつかないことになっている…という例が後を絶たないのです。

また、飛び出た髄骨を手術で切除するのは、背中の神経を傷つける危険を伴います。
その上、手術が成功したとしても、根本的な骨格の歪みを矯正しない限り、いくらでも同じように再発してしまう危険をはらみます。

現代医療の根幹となっている西洋医学は、痛みに対して、悪い部分を取り除くことで対応する“対処療法”です。

虫歯治療にわかりやすいように、根本的な原因を改善・回復させるわけではなく、痛みを薬で抑えたり、問題のある部分を取っ払ってしまおう方法です。

こうした現代医学の治療法は、残念ながら全ての病気や症状に適しているとは言えません。
ヘルニアのように根本的な症状を改善させなければならない疾患には、何十万・何百万という高額な手を使っても、その場しのぎにしかならないのです。

ヘルニアを治すためには、 痛みや突起物を取り去るのではなく、身体の歪みそのものを直す必要があります。
カイロプラクティックでも一時的にしか痛みを緩和できない理由
身体の歪みを治す、と聞いて、「それならやっぱりカイロプラクティックに行くのが正解じゃないか」と思われた方。

確かにカイロプラクティックは病院と違って、人体の歪みというヘルニアの根本原因にアプローチします。
そして、カイロプラクターによる的確な整体術と補助道具によって、骨格の歪みそのものを調整・改善させることができるものです。

骨が本来あるべき位置に戻るのですから、現代医学による対処療法よりもずっと理にかなっています。理屈の上では、完治させることもできるように聞こえます。

ですが、実際にはこれも大間違いです。
確かに骨が本来あるべき位置に戻るのですから、一時的には治ります。
ですが、すぐ再発してしまう人が後を絶ちません。

なぜなら、既に一度骨がズレたことにより、骨のズレやすい「道」が出来てしまっているからです。
そのためカイロプラクティックで何度骨の位置を直しても、また元に戻ってしまうのです。

おまけにカイロプラクターの腕や症状によっては、よりズレが酷くなる、神経を傷つけてしまう、ということも発生し、リスクは大きいです。
カイロプラクティックには、ヘルニアを治すための“ある条件”が、欠落しています。
骨格の歪み=身体の歪み、ではありません
考えてみて下さい。
骨の位置を決めるのは、骨でしょうか?
骨格を歪ませるのは、骨そのものでしょうか?

現代医学ではヘルニアは治せない、と言いました。
ですが、それはあくまで「現代医学」や「カイロプラクティック」というくくりの中での話です。
近年になりこんな研究報告がされました。

それは、「ある病院で手術を受けた患者と、受けなかった方を比べた場合、1年後では手術を受けたほうが良い成績でしたが、4年後にはほとんど差がなくなった」というものです。

つまり、ヘルニアは、ある条件を満たすことで自然治癒が可能な疾患だったのです。
自然治癒は、人間の身体が本来あるべき姿に戻ろうとする力。最も健康的で、最も効果のある方法です。
自然治癒力を促進し、即効で痛みを根本から解消する方法
自然治癒を用いたヘルニアの治療には、病院やカイロプラクティックがカバーしきれなかった“ある観点”からのアプローチが必要になります。

その部位に働きかけさえすれば、ヘルニアを自然治癒させることも可能だという“ある観点”。
現代医学とカイロプラクティックに欠けた“ある観点”です。

解剖学的・生物学的に有効性を実証されたその「ある観点」とは何なのか。
それを探る手がかりは、「骨そのものを治しても、骨格の歪みは改善されない」という事実に隠されています。
すなわち、「骨を支えている筋肉と靭帯に対する適切なアプローチ」が必要なのです。
整体オフィス201では、「骨を支えている筋肉と靭帯に対する適切なアプローチ」を行い、腰椎椎間板ヘルニアを治癒に導きます。
完全無痛 回復整体「リセット療法」
症例ブログ 健康は幸福の全てです!!
お客様の声お客様の感動の声が続々と届いています。
院長ブログ
お知らせ
症例ブログ更新
整体オフィス201Facebookページ
メール会員はこちら!
整体オフィス201
〒850-0015
長崎県長崎市桜馬場2-1-12
グランドメゾン桜馬場201
TEL:095-807-6949
営業時間:10:00〜18:30
(要予約)
定休日:日曜日・祝日
駐車場:有(2台)
>>アクセスはこちら
>>お問い合わせはこちら