長崎市で整体をお探しなら整体オフィス201|脊柱側弯症、腰痛などでお悩みの方も多数来院されています。

整体オフィス201 脊柱側弯症・腰痛・姿勢矯正・骨盤調整 営業時間10:00〜18:30
完全予約制 TEL:095-807-6949
自律神経失調症
自律神経失調症について
自律神経とは生命活動に関わる大切な神経です。このページでは自律神経の働きについて解説します。 「病は気から」とか、「ストレスが原因で病気になる」などと言われることがありますが、自律神経の働きを知ることで、心と体の関係が理解出来ます。

自律神経(交感神経・副交感神経)の働きを知ると心と体の関係が見えてきます。
自律神経とは生命活動に関わる大切な神経です。このページでは自律神経の働きについて解説します。
「病は気から」とか、「ストレスが原因で病気になる」などと言われることがありますが、自律神経の働きを知ることで、心と体の関係が理解出来ます。
ホメオタシスと自律神経
人間の体は、生命を維持するために様々な活動をしています。
例えば、心臓を動かしたり、呼吸をしたり、消化活動、体温維持などの活動です。このような生命を維持する働きをホメオスタシス(生体の恒常状態を維持する機能)といいます。

一定のリズムで心臓を動かしたり、意識せずとも呼吸をくり返したり、食べたものを自動的に消化してくれたり、体温を一定に維持してくれたりするのは、ホメオスタシスのはたらきなのです。
このホメオスタシスを保つために全身をコントロールしているのが自律神経です。
自律神経とは
自律神経には、交感神経と副交感神経の2つがあります。
交感神経は「活動する神経」です。人が仕事をしたり、運動をするときに優位に働きます。精神活動を活発にし、心臓の鼓動を速めたり、血圧を高めたりします。

副交感神経は、交感神経とは反対の働きをします。副交感神経は「休息のための神経」です。睡眠をとっているときや、休息時に内臓や器官をリラックスさせる働きをします。消化器の活動や消化液の分泌を促進する働きもします。

人間の生命活動は、この交感神経と副交感神経の2つが、交互こに働いたり、休んだりすることでバランスを保っているのです。

これを自律神経の二重支配といいます。
つまりある器官に対して、交感神経が優位に働いているときは、副交感神経は抑制的に働きます。副交感神経が優位に働いているときは、交感神経は抑制的に働きます。

体を健康に保ち、体調を維持するためには、自律神経の2つの神経の切り替えが状況に応じてスムーズに行なわれることが必要なのです。
交感神経の働き
交感神経が優位に働くと、心臓は、心拍数が増加し(ドキドキする)、拍出量も増加します。驚いたときや、びっくりしたときに心臓がドキドキするのは交感神経の働きで、興奮が心臓に伝えられるためなのです。

血管は、収縮して血圧が上昇します。
心臓に栄養と酸素を運ぶための冠状血管だけは反対に拡張して心臓にたくさん血液を送りこみます。
気管、消化管の筋をゆるめて、消化液の分泌を抑えます。緊張すると食欲がわかなくなるのはこのためですね。

瞳孔が大きく開き、汗をかきやすくなります。
交感神経の特徴としては、血圧の上昇、組織への血流増加、代謝の促進など、全身に影響が及びます。エネルギーを消費する方向にはたらくことが特徴です。これはストレス状態に対応するはたらきということもできます。
副交感神経の働き
副交感神経が優位に働くと、瞳孔は縮小します。唾液の分泌が促進します。
心臓のリズムはゆっくりになり、血管が拡がります。リラックスした状態ですね。
消化液の分泌を促進します。
副交感神経がはたらくと、消化吸収力が高まり、循環器系は抑制され、エネルギーが蓄積されます。
自律神経失調症の症状
「めまい」「だるさ」「吐き気」などの症状が続いたら要注意です!自律神経失調症かもしれません。
自律神経失調症の症状は様々です。同じ人でも複数の症状を抱えることがほとんどです。

そのために自律神経失調症による症状を「不定愁訴」と呼ぶことがあります。決まっていないいろんな症状が現れるのです。病院で血液検査などを受けても、異常が見つからないことも多いです。

自律神経失調症とは、主にストレスなどが原因となって、交感神経と副交感神経の切り替えのバランスがうまくいかなくなり、心身に不調が現れる病気です。

症状は人によって異なります。病院で検査をしてもはっきりと原因がわからないことが多いのが特徴です。
体の不調を訴えて、血液検査などをしても、特別な異常が見つからず、疲れのせいにされたりすることもありますが、患者さん本人の自覚症状はとてもつらいものがあります。

症状が一つだけの場合や、複数ある場合もあります。そのときの体調によって、現れる症状が変化したりすることもあります。
体がふらつく
「雲の上を歩いているようなふわふわした感じ」を訴える人が多くみられます。立ったときに不安定な感じやフラフラする感じがします。
めまいがする
ぐるぐる周囲が回るような回転性のめまいを訴えることがあります。耳鳴りや難聴を伴うこともあります。
耳鼻科で検査を受けても原因がはっきりわからず、メニエール症候群と言われることもあります。
微熱が続く
体温が37度くらいの微熱が、一ヶ月以上も続きます。風邪薬を飲んでも、炎症による発熱ではないので、熱が下がりません。自律神経失調症が原因の微熱は下がらないのです。内科の病院で診てもらっても、身体的にはどこも異常が見つからないので、気のせいにされたりします。
肩こりがひどい
ストレスに対する反応で肩こりがひどくなる場合があります。肩だけでなく、首や背中まで苦しい人が多く、めまい、頭痛、吐き気などを訴える人もいます。
頭痛がする
頭痛もよくあるストレス反応です。多いのは首や肩の筋肉の緊張が原因となる「筋緊張型頭痛」です。
慢性的に頭痛があるため、脳の異常を心配してMRIやCTの検査をしても異常が見つかりません。市販の頭痛薬や、鎮痛剤で症状を抑えている人が多いですが、根本的な解決にはなりません。
不眠症になる
ほどよく疲れていたり、リラックスしているときは眠れますが、自律神経失調症による不眠はいろいろ工夫をしてもなかなか眠りにつくことが出来ません。睡眠剤も効果がない場合があります。

不眠症には寝付きが悪い「入眠障害」や、深夜や明け方に目覚めて再び眠れなくなる「中途覚醒」や、長時間寝ているつもりなのに寝た気がしない「熟眠障害」などがあります。自律神経失調症による不眠は「入眠障害」が多いようです。
食欲がない
おなかがすいているのに、食べ物を見ると食べたくなくなります。食べると気分がわるくなるケースもあります。
吐き気がする
胃がむかむかとして吐き気がします。実際に嘔吐してしまう場合もあります。
異常に汗をかく
下着を何回も取り替えるほど多量の汗をかくケースもあります。手のひらや足の裏だけとくに汗をかく人もいます。パジャマがびっしょりになるくらい寝汗を異常にかいたりします。
手足が冷える
冷え性がひどい人も自律神経失調症の場合があります。手や足先が氷のように冷たかったりします。
また、冷えだけでなく、顔がほてったりと、冷えとほてりの症状が同居している人もいます。
動悸・息切れがする
心臓が急にドキドキしたりします。心臓の検査をしても異常がみられません。
呼吸が苦しくなる(パニック発作)
息がつまる感じ、胸のあたりが苦しい感じがあります。
急に息苦しくなり、激しい動悸がして、不安や激しい恐怖感が起こる「パニック発作」を起こすこともあります。パニック発作を起こして救急車で運ばれる人もいますが、数分から数十分で発作はおさまり、検査をしても何の異常も見つかりません。

一度起こした「パニック発作」をきっかけにして、また発作が起こるのではないかという不安感から外出できなくなったり、電車に乗れなくなったりする行動上の制限が出てくることを「パニック障害」といいます。近頃大変多い病気です。
精神症状が出る
不安感、イライラしやすい、怒りっぽくなる、意欲・集中力が続かない、やる気が起きない、わけもなく悲しい、寂しいなど、精神的に不安定になります。
のどの痛み
いつものどがひりひり痛みます。薬を飲んでも効き目がなく、痛みが長引きます。耳鼻科では「慢性咽頭炎」と診断されます。
夜、じんましんが出る
疲れとストレスが原因で起こるじんましんです。「コリン性じんましん」といわれます。疲れがたまる夕方以降、入浴時や睡眠時に赤くなり、かくとよけいにかゆみが広がります。
下痢が続く
「過敏性腸症候群」といわれています。ストレスが原因で下痢をおこします。テストの前や、緊張する場面になると下痢をします。ひどい人は長期間続きます。トイレに行けないのが不安で普通列車に乗れなくなる人もいます。
手足のしびれ
感覚が異常になります。軽く皮膚にふれてもひりひり痛みを感じたり、ビリビリ電気が走るように痛みを感じる場合もあります。反対に、感覚がマヒした感じになる場合もあります。
下肢にこのような症状が出ていると坐骨神経痛といわれたりします。原因もはっきりせず、整形外科的な治療で効果が現れません。
髪の毛が抜ける
部分的に毛が抜ける円形脱毛症になったり、髪が細くなったりします。心理的なものが原因です。
全身のだるさ
いつも疲れている、疲れが抜けない、だるい、身体が重いなど、特に疲れるようなことをしなくても、朝起きてからすでにぐったり疲れています。
※以上あげたほかにも様々な症状があります。症状が一つだけということは少なく、一人でいくつもの症状を抱えて苦しんでいるのが普通です。また、複数の症状が同時にあらわれたり、その時の体調により、不特定な症状があらわれたりします。(不定愁訴)

病院にいってもはっきりした原因がわからずに苦しんでいる人も多いようです。気のせいにされてしまったりします。現代人に非常に多くなっている病気です。

「自律神経失調症」という病名がつかなくても、自律神経のバランスをくずしている人が非常に多いです。なんらかの心身症状を慢性的に抱えている人のほとんどが自律神経のアンバランス状態に陥っています。
自律神経のバランスをとることが心身の健康にとって非常に大切なことなのです。
自律神経失調症のタイプ
自律神経失調症には4つのタイプがあるといわれています。もともとの体質に起因するものや、性格や生活習慣が深く関係するものがあります。
このページでは自律神経失調症の4つのタイプについて解説します。
本態性自律神経失調症
子供の頃からの、元々持っている体質に原因があります。自律神経の調節機能が乱れやすい体質のタイプです。
体力に自信がない虚弱体質の人や、低血圧の人に多く見られます。病院で検査をしても特に異常が見つかりません。日常生活のストレスもあまり関係しません。
このタイプの人は体質そのものに原因があります。体質を改善するために、食事、睡眠、運動、休息などの生活習慣を見直していくとよいでしょう。
神経症型自律神経失調症
心理的な影響が強いタイプです。
自分の体調の変化に非常に敏感で、少しの精神的ストレスでも体調をくずしてしまいます。感受性が過敏なため、精神状態に左右されやすいタイプです。感情の移り変わりが体に症状として現れます。
心身症型自律神経失調症
日常生活のストレスが原因です。心と体の両面に症状があらわれます。自律神経失調症の中で、もっとも多いタイプです。きちょうめんで努力家のまじめな性格の人がなりやすいです。
抑うつ型自律神経失調症
心身症型自律神経失調症がさらに進行するとこのタイプになります。やる気が起きない、気分がどんより沈んでいる、といった「うつ症状」が見られます。肉体的にも、頭痛、微熱、だるさ、食欲がない、不眠などの症状があらわれます。

身体の症状の陰に精神的なうつも隠れているのですが、病院へ行っても、身体症状を改善するための対症療法しか受けられず、長い間、不快な症状に苦しむ人が多いようです。 きちょうめんな性格や、完全主義のタイプが陥りやすいです。
自律神経失調症は以上の4つのタイプに分けられます。しかし、自律神経失調症の定義がまだはっきりと確立されていないので、「本態性自律神経失調症」と「心因性自律神経失調症」の2つに分ける考え方もあります。人によって、症状が精神症状が強く出る人、身体症状が強く出る人がいます。あらわれる症状もうつ病や神経症とも似ています。またそれらの病気とはっきりと区別することも難しいようです。
自律神経失調症の原因
「病は気から」と言われています。ストレスにより自律神経がアンバランスになり、心身の不調をまねきます。 ストレに弱い人は、少しのストレスでもうまく対応することができず、自律神経失調症などにかかりやすくなります。 このページでは自律神経失調症の原因について解説します。
ストレスだらけの生活習慣
自律神経失調症で最も多いタイプが、ストレスが原因となって起こる「心身症型自律神経失調症」です。ふだん何げなく「ストレスがたまった」などと言いますが、ストレスとはいったい何なのでしょうか?

ストレスとは、医学的にいうと「なんらかの刺激が体に加えられた結果、体が示したゆがみや変調」のことを言います。

厳密に言うと、「なんらかの刺激」をストレッサー、体が示したゆがみや変調のことを「ストレス」と言います。わかりやすくいうと、ボールを指で押すとへこみます。この場合の指が「ストレッサー」で、へこみが「ストレス」というわけです。私たちは様々な「ストレッサー」と直面しています。主なものを挙げてみます。
社会的ストレッサー
仕事が忙しい、不規則な生活、社会的な責任、借金、経営上の問題など
人間関係のストレッサー
職場の上司や同僚、部下との人間関係がうまくいっていない、取引先とのトラブル、家庭の不和、親戚、友人との不和など
精神的ストレッサー
精神的な苦痛、不安、緊張、恐怖
肉体的ストレッサー
病気やけが、疲労、肉体的なハンディキャップ、睡眠不足
物理的ストレッサー
気温、気圧、風雨など
環境的ストレッサー
騒音、振動、放射線、照明など
ストレス耐性が弱い
同じストレッサーがあったとしても、ある人はストレスをそれほど感じなかったり、ある人はひどくストレスを感じたりします。このようにストレスに耐えられる力には人によって差があります。ストレスに耐える力のことを「ストレス耐性」と言います。

ストレス耐性が強い人は、ストレスをよい刺激にして前に進むことが出来ます。ストレス耐性が弱い人は、少しのストレスでもうまく対応することができず、自律神経失調症などにかかりやすくなります。
慢性的なストレス
長期にわたってストレスにさらされていると、心身のバランスがくずれてきます。
人間の心と体をボールに例えてみると、ボールを指で押すとへこみます。指が「ストレッサー」です。ボールはへこみますが、元に戻ろうと反発します。

ところが、長期にわたって、ボールを押し続けると、反発しようにも出来なくてボールが押しつぶされた状態になってしまいます。これが慢性的なストレスにさらされて、心も体も疲れてしまった状態です。この状態では、体は健康な状態を維持できなくなり、自律神経失調症状があらわれます。

ストレスが多い現代社会では、「活動の神経」である「交感神経」を常に酷使する生活習慣になっています。「休息の神経」である「副交感神経」の活動する場面が少なくなっています。交感神経優位の自律神経のバランスになっているため、血管が縮まり、心臓の負担も高まります。長期的にそのような状態が続くと、体に変調をきたし、自律神経失調症状があらわれます。
自律神経失調症改善対策
自律神経失調症の原因は日常生活に潜んでいます。今までの生活習慣を見直し、生活習慣をできることから改善していくことで、症状も徐々に快方へ向かいます。
日常の生活習慣の改善が大切
自律神経失調症は日常生活の習慣を改め、交感神経、副交感神経のバランスをとる必要があります。とくに、「活動の神経」である「交感神経」が優位になりがちな生活習慣を、「休息の神経」である「副交感神経」を優位にするように改めることが大切です。

自律神経失調症は、今までの生活習慣が本来の自然なあり方からはずれていますよというメッセージです。日常生活の食事、睡眠、労働、休養、運動などの習慣を見直してみましょう。
甘いもの(砂糖)を控える
砂糖をたくさん含んだ甘いものの摂りすぎは、ストレス、無気力、イライラ、疲労などの原因になることはあまり知られていません。甘いものの摂りすぎは、血液を酸性に傾け、疲労や無気力の原因になります。また、血液中のカルシウムをうばうので、イライラしやすくなります。
ノイローゼ患者や登校拒否児たちに、甘いものの摂りすぎが多く見られるというデータもあります。
カフェインを控える
コーヒーや緑茶など、カフェインを多く含む飲み物は自律神経失調症状や、パニック症状を強める場合があります。また、不眠を引き起こす原因にもなりますので、カフェインを控えるようにしましょう。
よく噛んでゆっくり食べる
仕事が忙しく、ゆっくり味わって食事ができない習慣にも問題があります。早食いは胃腸への負担も高まります。よく噛むことで、たくさんよい効果が得られます。

・よく噛むことで、食物が小さくくだかれ、消化吸収がよくなる。
・唾液がたくさん分泌される。唾液には消化酵素や殺菌力をもつ
物質がたくさん含まれています。
・噛む刺激が脳に伝えられ、活力が与えられます。

とにかく、よく噛むことは自律神経失調症に限らず、すべての不調を改善するために非常に大切なことです。体が弱っている人ほどたくさん噛むようにしましょう。健康な人でも、一口最低30回は噛みたいところです。

自律神経失調症と診断され、薬を飲み続けても改善しなかった全身のだるさと吐き気が、一口最低50回噛むことを実践してもらったところ、数日で症状がなくなってしまった患者さんもいます。
小食を心がける
現代人のほとんどが食べすぎです。お腹が空いていなくても、時間が来たからといって食事を摂ります。これでは胃腸の休む暇がありません。なるべく空腹感を感じてから食事を摂るようにしましょう。

食事はおなかいっぱいになるまで食べずに、腹八分目を心がけます。昔から「腹八分目に医者いらず」と言われています。消化しきれない食べ物が血液を汚す原因となります。小食を心がけることで、自然と健康に近づきます。
ぬるめのお風呂にゆっくり入浴する
ぬるめのお湯(38~40度くらい)にゆっくり入浴します。シャワーだけですますと、体の汚れは落ちるかもしれませんが、体の疲れが抜けません。

半身浴が大変効果的です。みぞおちから下の部分だけお湯につけて、20分ほどつかっていると、上半身や顔から汗が出てきます。全身の血行がよくなる効果と、リラックス効果があります。冷え性の人にもおすすめです。
カルシウムを補給する
血液中のカルシウムが不足すると、イライラしやすくなったり、精神症状が出やすくなります。カルシウムを食品からしっかり補給する必要があります。

カルシウムというと乳製品のイメージがありますが、最近は牛乳を摂ってもあまり意味がないとう説もあちこちで聞かれるようになりました。自然食の療法家の先生は牛乳や乳製品をさけるように指導しています。

また、最近では西洋医学の最先端の先生も牛乳・乳製品の害を訴えています。
海藻、小魚、野菜などから補給するのが一番よいでしょう。
適度な運動をする
精神的に疲れていても、運動不足で体がまったく疲れていないと、なかなか眠れません。また、血行不良を引き起こし、こりや痛みの原因にもなります。

ジョギングやウォーキングを出来ればよいですが、なかなか時間や体力の問題もあり、実行に移せる人が少ないのも現状です。自分の出来る範囲で、ストレッチをしたり、時々「伸び」をしてみたり、その場でスクワットをしたり工夫をしていくとよいでしょう。
深く呼吸をする
自律神経は意識的に操作できない神経ですが、唯一意識的に自律神経に働きかける方法があります。それが、「呼吸」です。ストレス状態にあると、無意識のうちに呼吸は浅くなっています。それを意識的に深くゆっくりと呼吸をすることで、副交感神経が優位にはたらきます。

イライラしているとき、興奮しているときなどは、意識的に深呼吸をしてみましょう。息をすべて吐き出すつもりでは~っとゆっくり吐き出すと、あとは自然と空気が入ってきます。吐くことを意識するのがコツです。
整体施術について
自律神経失調症の方の特徴として、頚部や肩の筋肉が緊張し、筋肉の中にコリができてしまっています。筋肉のコリを取りのぞくと、血流が回復し、自律神経のアンバランスが整い、症状が改善します。当院の整体施術は、患者さんが出来るだけリラックスできる施術を心がけています。

当院には自律神経失調症の方も多数来院されます。心療内科や神経科へ通院しながら、薬物治療も併用されている方も多いです。

当院では、「心身一如」つまり心と体はひとつのものである、という考えを元にしています。心の問題を心で解決しようとすることはなかなか大変です。骨格のバランスをソフトに整え、筋肉の緊張がやわらぐことで、心の緊張も少しずつほぐれてきます。

筋肉と骨格のバランスを調整し、その方に合わせた具体的な体質改善方法を指導しています。
自律神経失調症と冷え性
冷え症を治して自律神経失調症を自分で治しましょう! 自律神経失調症の患者さんの多くが冷え症を抱えています。特に女性の自律神経失調症の場合はほとんど冷え症であることが多いです。 冷え症を解消していくことが改善に繋がります。
交感神経と冷え性の関係
ストレスを感じると交感神経が優位になり、抹消の血管が収縮します。抹消の血流が良くない状態です。全身の血液循環が悪いので、体温が低い状態です。体温が低いということは生命活動が活発でないということですから、さまざまな不定愁訴が現れます。
自律神経失調症と冷え性の関係
自律神経失調症の人はたいてい冷え症です。冷えの自覚症状のあるなしにかかわらず、たいてい冷えています。

自律神経のアンバランスのせいで冷え症になるとも言えるし、冷え症のせいで自律神経失調症になるとも言えます。ニワトリが先か卵が先かという議論になってしまいますが、冷え症を治すことで自律神経のバランスが良くなることは確かです。

自律神経をコントロールするのはなかなか大変なことです。薬に頼るしかありません。
一方冷え症は食生活や運動などの生活習慣を変えることで改善可能です。
自律神経失調症の症状の大半は冷え症が良くなると改善します。冷え症改善からはじめてみてください。
完全無痛 回復整体「リセット療法」
症例ブログ 健康は幸福の全てです!!
お客様の声お客様の感動の声が続々と届いています。
院長ブログ
お知らせ
症例ブログ更新
整体オフィス201Facebookページ
メール会員はこちら!
整体オフィス201
〒850-0015
長崎県長崎市桜馬場2-1-12
グランドメゾン桜馬場201
TEL:095-807-6949
営業時間:10:00〜18:30
(要予約)
定休日:日曜日・祝日
駐車場:有(2台)
>>アクセスはこちら
>>お問い合わせはこちら